【任意売却】住宅ローンの返済が不可能になった時の対処法

Written on 12月 6, 2014 at 12:00 AM, by admin

為替や流通ルートなどの影響から、勤務先の会社が経営不振に陥る可能性があります。また病気や怪我を負えば働くことも難しくなるため、契約した住宅ローンが完済できないかもしれません。住宅ローンの借入金額は年収の5から6倍以内に抑えた方が良いと言われています。しかし信用度の高い職業に就いていたり、多額の資産を保有していれば5倍以上の借入もできるでしょう。しかし支払いが滞ってしまえば金融機関からの催促が始まりますし、事業を営んでいるなら支障が出始めるはずです。

しかし任意売却という手段を用いれば、迅速に住宅ローンの問題を解決できるかもしれません。資金繰りや完済目途が立たず首が回らない状況であれば、1度、任意売却サポートを実施している業者に相談してみましょう。有効な進展が見られるはずです。

任意売却サポートであれば大成有楽不動産販売(http://www.ninbai-support.jp/)が評判です。東証1部上場の大成建設グループの会社であり、年間実績も豊富です。大手ならではの交渉術には期待できるでしょう。まずは公式サイトへアクセスし、任意売却の大まかな流れを把握してみてください。状況が反転すると感じられれば、問合せや相談サービスを受けてみるといいです。

任意売却と言いましても業者の力を借りればローンの完済が可能になる場合もありますし、競売へと進むケースも考えられるでしょう。状況次第ではありますが、1人で悩んでいるよりは解決の糸口が見えてくるはずです。

任意売却ってどんな仕組みなの?

Written on 11月 17, 2014 at 12:00 AM, by admin

念願かなって手に入れたマイホーム。理想の物件探しは大変だったけれど、家族と暮らす癒しの空間は何物にも変えがたいものです。しかし、数年後状況が変わり月々の支払いが厳しくなることもあります。それまではなんとかローン額を捻出してきたもののとうとう支払うことが出来なくなってしまったという状況になったとき、冷静に行動することでその困難を乗り越えることができます。

例えば任意売却というものです。これは債務超過物件を意味しますが、通常であれば物件を売却する際、ローンの残額を全額返済することが条件となります。毎月ローンの支払いが大変だからマイホームを売却したいといっても、ローン残高が残っていれば売却することができません。これはとても難しい条件です。なぜならば、お持ちの物件には抵当権がついていることが理由となっているからです。抵当権がついている場合、物件の持ち主が勝手に売却することはできません。

これを救済するための仕組みが任意売却というわけです。銀行などの債権者から同意を得て、本当であればローン残高を全部支払ってから出なければ売れないものを実現させることができる仕組みです。結果的に抵当権を解除して売却するという流れになります。